ホーム 下田市教育旅行協議会について 地域の紹介 体験プログラムの紹介 体験プラン・モデルプランの紹介 教育旅行に関するQ&A 関連施設紹介
須崎
白浜
外浦
田牛
宿泊用体験詳細
日帰り用体験詳細
安全管理
下田市教育旅行協議会について(協議会の趣旨、実績、団体構成等)
協議会の趣旨
下田市教育旅行の写真伊豆下田地区教育旅行協議会は、下田市内で体験学習旅行の受入を行なっている4つの地区(須崎、白浜、外浦、田牛(とうじ))の観光協会(民宿組合)と下田市により、体験の企画立案、受入のための研修の実施、相互団体の連絡調整、誘致宣伝活動などを行なっています。
各地区とも、昔ながらの「漁師町」であり、子供達が漁家民宿へ分宿し、様々な体験プログラムをとおして、地元の人々や子供同士での交流を深めていきます。
「伊豆・下田」の地名を聞くと、多くの人が「観光地」としてのイメージを先行させてしまいますが、観光のまちであるとともに、子供にとって本物の教材となるべき資源がたくさん存在するのが、この「伊豆・下田」です。
港町として古くから続く漁家民宿の営みの様子、圧倒的に美しい海岸景観、海の間近まで迫り多様な植物相の織り成す山々の自然、幕末において開国の舞台となった歴史の流れを色濃く残す情緒あふれる町なみ、そして田舎ならではの人々の素朴なあたたかさ・・。
いずれも、子供たちが見て、触れて、感動を味わうことのできる「本物資源」であり、これらを活かした体験により、子供の成長を育むひとつの契機を提供できると考えています。
たくさんの子供たちに、下田での体験をつうじて心に感動を刻んでほしいというのが、本協議会の目指す目的です。
下田市では平成3年度より須崎地区において、体験学習旅行の受入が始まりました。以後、他の3地区においても、体験学習旅行の受入の実施をはじめ、平成13年にそれぞれを連携し、下田市としての受入体制を構築するための協議会の発足となりました。
協議会発足後は、体験学習旅行の受入のノウハウを学ぶための研修の実施や、誘致宣伝活動の実施を積極的に行い、現在では、毎年4,000名以上の子供達の受入を行なっています。
平成28年度受入実績 28団体 4,491名
平成27年度受入実績 28団体 4,927名
平成26年度受入実績 27団体 4,670名
平成25年度受入実績 25団体 4,493名
平成24年度受入実績 28団体 4,586名
平成23年度受入実績 14団体 1,906名
下田市教育旅行の写真
団体構成
伊豆白浜観光協会須崎民宿組合・田牛観光協会・外浦観光協会下田市
HOME下田市教育旅行協議会について地域の紹介体験プログラム体験プラン・モデルプランの紹介Q&A関連施設紹介
【下田市における教育旅行全般のお問合せ】
〒415-8501 静岡県下田市東本郷一丁目5番18号 伊豆下田地区教育旅行協議会 事務局 下田市役所観光交流課
電話:0558-22-3913 FAX:0558-22-3910 メール:kankou@city.shimoda.shizuoka.jp